MENU

面接なしの医学部はどこ?国立、公立、私立別に徹底解説

医学部では特に国立大学を中心に面接を導入しているところが増加してきました。

 

ほぼ国立で面接がないような医学部はすでにないような状態ともなっていますが、後期や私立での面接導入はどのようになっているでしょうか?

 

今回は医学部でも面接なしの大学について解説をします。

 

国公立で面接なしの医学部はまだある?ない?

 

まずは前期日程での国公立の面接導入状況ですが、面接なしとなっているのは

 

東京大学理Ⅲ類

 

九州大学医学部

 

だけとなっています。

 

他は配点はともかく面接は導入されていますので国公立医学部を狙うのであれば面接は避けて通れない時代といって良いでしょう。

 

また基本的に医学部では倫理のない医師を除く傾向が年々強くなっているので、今後はこの2校も面接を導入していくという想定は強くできると思います。

 

国公立後期で面接なしの医学部はある?ない?

 

では後期ではどうでしょうか?

 

結論からいいますと国公立については2017年でもすでに面接なしの後期内容となっている大学はありません。

 

前期で満足のいかない結果となれば漏れなく面接を受けないといけないというようになります。

 

私立大学で面接なしの医学部はどこ?

 

上のように医師について倫理を求められるような時代となり、国公立では面接を課す大学の割合が急速に高くなってきました。

 

では私立大学医学部で面接なしの大学があるのかどうかということですが、実は1つもないとなります。

 

つまりすべての私立大学医学部では配点の比率は別にして面接が課されているということになっています。

 

面接とともに受験生を悩ませる小論文

 

面接が苦手という人は意外といるようですが、他にも

 

小論文

 

適性検査

 

集団討論

 

のような試験が行われることもあります。

 

小論文や集団討論も苦手な人も多く、学科で得点をしっかり取れても運もあってこのような試験で不合格になってしまうかもしれないと不安に感じる人は多いのではないでしょうか?

 

ただ小論文は少なくても得点基準というのが明確になっているので、しっかりと対策をして慣れればそこまで他の受験生に点数を引き離されるということもありません。

 

医学部の小論文対策!問題を4つに分類し高得点を狙う方法

 

適性検査というのもそこまで合否を分けるものでもないので気にするほどでもありません。

医学部の面接で不合格になる確率は非常に低い?注意したいこととは?

 

面接試験について異様に神経質になる受験生もいるわけですが、そこまで合否に直結するものでもないので安心して構いません。

 

当然ですが本筋は学科試験の得点なわけで、面接では数%(または1%以下)の確率でしか落ちないというようにイメージすれば良いでしょう。

 

つまり合格レベルにある人で医師として確実に資質上問題のある人だけをはじくための試験と考えて良いのです。

 

ちなみに私も友人が少なく、かなりの人見知りでしたが普通に合格しました。

 

面接ではいくつか落ちる人の特徴や共通点があるので、その爆弾さえ踏まなければ合格するといって良いのです。

 

面接で落ちる人の特徴というのは

 

高校での欠席日数が多い

 

面接官と正常に話ができない

 

精神疾患の疑いがある

 

倫理感の欠如が疑われるような言動がある

 

です。

 

逆に面接の配点の高い医学部用に高得点を狙うというのであれば

 

医学の知識を本から得ておく

 

医師への志望度をうかがわせるようにする

 

高校生活などをまとめておき、しっかりと話せるようにする

 

といったところがポイントとなります。

 

医学の知識についてですが、

 

医学・医療概説(河合出版)

 

医系小論文テーマ別課題文集(駿台出版)

 

医学部面接ノート(代々木ゼミナール)

 

医系小論文 最頻出テーマ20(教学社)

 

などは特に医学部受験生の面接対策として読んでいる人は多いはずです。

 

医師への志望度というのも頑張りますというような空の言葉でなく、このような本を読み知識の存在から志望度の強いことを証明していくのが人間の精神構造上合理的な方法といえます。

 

面接なしを志望したくなる気持ちもわかりますが、医学部受験生にとって面接はある意味避けられない時代となりつつあります。

 

ただこのように面接自体は対策もできますし、また合格率がかなり100%に近いともいえる内容なので必要以上に恐れずに志望する大学をまっすぐ目指すようにしましょう。

 

医学部合格マップ



医学部受験はやみくもに勉強して合格するものでもありません。


今偏差値が足りなくて医学部受験に失敗しそうというような人もいるかもしれませんが、あきらめるのは早いです。


E判定から逆転合格した人の秘密

東大、京大医学部に合格した人だけが知っている秘密の勉強方法とは?

試験本番直前に成績を急激に伸ばす秘訣

合格するまでを逆算して失敗しない勉強方法

合格マップでは一般の合格体験記とは違う、どこでも聞けない勉強方法の情報があります。


医学部受験をあきらめる前に一読の価値のある教材となっています。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【DVD付】医学部合格マップ‐あなただけの合格の地図(マップ)を描こう‐