MENU

医学部学費の5つの奨学金!私立の学費をどこまで賄える?

医学部の学費は他の学部とはまたランクが違いますので、よほどお金持ちな家庭でなければ奨学院を獲得したいという人は多いかもしれません。

 

国立や公立大学の医学部であればそこまで他の学部と学費に差があるわけではありませんが、私立では家を買えるような学費ともなります。

 

今回は医学部の奨学金とその返済などについて解説をします。

 

私立大学と奨学金の種類

 

奨学金といえば育英会などをイメージする人も多いのですが、

 

  • 地方自治体の行っているもの

 

  • 私立大学が独自に行っているもの

 

  • 病院の運営するもの

 

  • そのほか、育英会などの機関が行うもの

 

  • 銀行の学資ローン

 

などというようにいくつかの種類があります。

 

基本的には担保が必要なものが多いわけですが、成績が優秀であり面接などを受けて受けられるような奨学金もあります。

 

私立大学医学部の学費を奨学金でどの程度カバーできる?

 

私立大学の医学部の学費は2000~4000万といわれています。

 

  • 日本育英会

 

  • 教育ローン

 

  • 各都道府県民医連

 

  • 徳州会

 

  • 医学性支援協会

 

など奨学金やローンの機関として存在するのですが、結論からいいますと私立大学医学部の学費をすべて無担保でカバーできるような奨学金は存在しません。

 

現実的に考えれば

 

日本学生支援機構 1100万

 

銀行ローン    300万

 

(あくまでも一般的なモデルケースの想定です)となり、貯金などやそのほかの親族の援助をプラスすれば慶應大学など私立で比較的安めな学費の大学までは射程に入ってきます。

 

一般家庭であれば上のような奨学金やローン審査を通ったという前提であれば学費が2500万前後までがぎりぎり射程範囲内かな?と考えています。

 

私立大学医学部で学費を安くできる大学は?

 

奨学金とはやや違うかもしれませんが、学費免除制度のある大学も存在します。

 

産業医科大学

 

自治医科大学

 

防衛医科大学

 

では卒後勤務を条件に大幅な学費免除があります。

 

自治医科大学では特に学費無料までの免除制度があるのでどうしてもという場合には魅力のある大学といえます。

 

後述しますように私立医学部でも奨学金や市町村などを併用すれば絶対に無理でもありませんが、1ついえるのは私立でも偏差値の高いところほど学費が安くなるという特徴があることです。

 

たとえば慶應大学だと2000万前後の学費となるように、私立の学費を考えればなるべく偏差値の高い大学のほうが学費的にも、卒後の勤務や就職でも有利になってくるでしょう。

 

私立大学医学部と市町村からの援助

 

地方の市町村によっては勤務することを条件に一定額の援助をしてくれるところもあります。

 

相場として2000万の学費の援助

 

残りを奨学金や本人のアルバイトでなんとかする

 

というような方法もなくはありません。

 

この援助についてはそこの出身者でなくても、卒後そこに赴任することのみが条件となっているところもあります。

 

新潟県など地方の市町村サイトでもいくつか情報があるので、赴任できる地方を当たってみましょう。

 

私立大学医学部のローン契約

 

私立大学医学部ではごく一部ですが、銀行を斡旋してローン契約が申し込めるところもあります。

 

うまく審査に通れば学費全額をローンにして、就職後に医師として本人が返金していけば良いです。

 

しかし

 

保証人となる親の担保などで審査に落ちる

 

就職後に退職したくなっても退職できない

 

というようなこともあります。

 

私立大学の説明ではほぼ審査に通るというような説明をしてくるところもありますが、銀行といった別の組織による判断がどうなるかは担保次第といって良いです。

 

ただし銀行の学資ローンでも銀行によっては医学部ということで担保なしで組んでくれるところもあります。

 

学資ローンも銀行次第で内容や融資条件が違いますので、あきらめずに銀行を探すことも行っていってください。

 

私立大学と初回納入金の確保

 

私立大学では上のような金策もありますが、まずはじめに重要となってくるのが初回納入金の確保です。

 

この金額が600~1000万となってきますが、これが支払えないと入学もできません。

 

貯金で確保する

 

親戚などからも援助を頼む

 

などなんとかこの初回納入金は確保しなければいけません。

 

私立大学医学部に通う学生の親の条件

 

私立大学では他に寄付金も必要となりますので、

 

親が資産家

 

親が開業医

 

というような家庭の子供が通うケースが多いのです。

 

サラリーマンの家庭で学力に自信があればまず国公立医学部を目指します。

 

これだと卒業までの学費は350万ほどになるので本人のアルバイトなども含めれば十分にやっていけます。

 

学力に自信があればまず国公立を目指す

 

学力に不足があって親などの条件を満たせば私立も視野に入れる

 

というのが医学部受験の選択肢となります。

 

かなり厳しいのですがこれが今のところの現実といえます。

 

医学部合格マップ



医学部受験はやみくもに勉強して合格するものでもありません。


今偏差値が足りなくて医学部受験に失敗しそうというような人もいるかもしれませんが、あきらめるのは早いです。


E判定から逆転合格した人の秘密

東大、京大医学部に合格した人だけが知っている秘密の勉強方法とは?

試験本番直前に成績を急激に伸ばす秘訣

合格するまでを逆算して失敗しない勉強方法

合格マップでは一般の合格体験記とは違う、どこでも聞けない勉強方法の情報があります。


医学部受験をあきらめる前に一読の価値のある教材となっています。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【DVD付】医学部合格マップ‐あなただけの合格の地図(マップ)を描こう‐