MENU

医学部受験で家庭教師は効果がある?英語、国語の理想の家庭教師とは?

医学部受験では学校の他に

 

  • 予備校

 

  • 家庭教師

 

というような学習方法で足りないところを補い偏差値を上げるというような方法を検討する人は多いかもしれません。

 

予備校では生徒全員が一律に授業を受けますが、家庭教師の場合には相性が良ければときに劇的に偏差値が上がるようなこともあります。

 

大手の家庭教師センターは無難?

 

家庭教師でも大手から中小というように紹介センターはかなりの数があります。

 

大手となれば1時間当たりの授業料もかなり高くなりますが、受けてみても意外と偏差値が上がるなどの効果が出ないというようなこともあります。

 

大手の家庭教師センターというのは

 

半分以上の授業料をセンターが中間搾取する

 

家庭教師に回るのは30%程度

 

ということで医学部の家庭教師などを雇うとかなり高くなるような背景があるわけです。

 

本当に優秀な家庭教師はこのような搾取の多い大手センターに登録していないこともあるので、一概に大手家庭教師センターが良いということでもありません。

 

ネットで優秀な家庭教師を個人契約する

 

最近はネットの家庭教師サイトに登録しているような医学部生も多いです。

 

上のように大手センターを挟まないのでマージンがない分、大手よりも格段に授業料が安くなります。

 

本人との相性もあるのでよく家庭教師のプロフィールなどはチェックしてほしいと思います。

英語、国語科目の家庭教師は医学部生で大丈夫?

 

医学部受験を狙っているので当然家庭教師も医学部生や医学部卒がベストマッチと考える人も多いのですが、そうでもありません。

 

入試を受けた時期から遠くなれば文系科目については忘れることも多いですし、もともと苦手意識の強い医学部生も多いのです。

 

英語、国語といえば

 

難関国立大の文系

 

難関私立大の文系

 

のほうが指導力に優れているということも多いのです。

 

ただし数学、理科科目については医学部出身者がベストなことはいうまでもありません。

医学部受験で家庭教師をつけても伸びないときの本当の原因とは?

 

医学部受験で家庭教師をつけてもなかなか成績が上がってこないというようなときもあるかと思います。

 

すぐに家庭教師に原因を求めたくなりますが、厳しいようですが本人に原因があるというような場合のほうが多いと思います。

 

本人に原因があるケース

 

家庭教師に学んだことを十分に復習できていない

 

勉強時間が足りない

 

本人に医学部を目指すほどの才能がない

 

家庭教師に原因があるケース

 

カリキュラムに問題がある

 

家庭教師の学力が不十分

 

それぞれの成績が伸びない理由というのは上のようなものが代表的です。

 

これらの大きな問題というのは本人も、親も、また家庭教師でも特定するのが難しいことです。

 

特にまず見直してほしいのは本人の復習力です。

 

何かとできるだけ多くの問題を解けせていけば成績は上がるというように考える人や親は多いのですが、大学受験はこのようなざるのような勉強方法では伸びてきません。

 

志望校に効果的な問題集を厳選する

 

その問題集を解き、間違えた箇所を中心にマークし、解説を熟読する

 

一定期間おいて、またその間違えた問題を解く

 

さらに間違えたところを解く

 

というようにして問題集を徹底的にやりこみ、何度も完全正解するまでやりこむようにします。

 

すると問題集の何ページほどにどのような問題があって、解説の内容も空で浮かぶようになってくるはずです。

 

このようにしてはじめてその問題集をマスターしたといえるのであり、次の問題集に進みます。

 

家庭教師の授業でも次々に新しい問題集、問題に手をつけていく人もいますが、天才的でなければそのような進度にはついていけません。

 

判定が上がらないときの勉強方法の確立方法

 

家庭教師に勉強方法のコンサルを依頼する人もいますが、あまり人に難でも聞くと良いということもありません。

 

医学部を目指すのであればこの程度のことは自分でしっかりと分析できるようにしていきましょう。

 

過去問を分析する

 

頻出で苦手ジャンルを把握する

 

模試を受けて足りない箇所を把握する

 

それぞれの足りないジャンルの穴を埋めるために必要な問題集をマスターする

 

過去問や志望校の想定模試はこれができれば逆算して合格するわけで、そのゴールを目指すのに最短距離を取る勉強方法を合理的に自分で分析します。

 

こうすれば家庭教師、学校、予備校の進路相談は必要ありません。

 

私は浪人して4月はこのような戦略作りをし、入試までこの逆算方式立案した問題集をやりこむことで合格しました。

 

この間、予備校などに勉強方法などを質問したこともありませんし、しようとも思ったこともありません。

 

医学部合格マップ



医学部受験はやみくもに勉強して合格するものでもありません。


今偏差値が足りなくて医学部受験に失敗しそうというような人もいるかもしれませんが、あきらめるのは早いです。


E判定から逆転合格した人の秘密

東大、京大医学部に合格した人だけが知っている秘密の勉強方法とは?

試験本番直前に成績を急激に伸ばす秘訣

合格するまでを逆算して失敗しない勉強方法

合格マップでは一般の合格体験記とは違う、どこでも聞けない勉強方法の情報があります。


医学部受験をあきらめる前に一読の価値のある教材となっています。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【DVD付】医学部合格マップ‐あなただけの合格の地図(マップ)を描こう‐