MENU

英語重視の医学部はどこ?国公立、私立で文系なみの英語配点

医学部は理科科目や数学がメインとなりますが、英語が得意という人もいるかと思います。

 

この場合、二次試験などで英語重視の大学が有利となってきますが、数ある大学でも英語重視の大学はどこになるのかについて紹介します。

 

英語重視の国公立医学部

 

秋田大学

 

秋田大学前期は二次に理科がなく、英語と数学となります。

 

・英語 100

 

・数学 100

 

・面接 200

 

となっていて英語が得意だと有利な大学といえます。

 

島根大学

 

島根大学の二次はやや特殊で理科がありません。

 

・英語 200

 

・数学 200

 

となっているので理科に自信がない人向けの大学といって良いでしょう。

 

鳥取大学

 

やはり二次試験に理科がありません。

 

・英語 200

 

・数学 200

 

・面接 100

 

面接の配点が高いのももう1つの特徴となっています。

 

医学部面接で落ちる人の基準とは?医学部面接の7つの対策

 

徳島大学

 

徳島大学も二次に特徴がある大学です。

 

・英語 200

 

・数学 200

 

となっていて理科がありません。

 

あとは面接だけとなっています。

 

宮崎大学

 

宮崎大学も二次に理科がないという特徴があります。

 

・英語 300

 

・数学 300

 

英語重視の私立医学部

 

国際医療福祉大学

 

この大学も英語の配点はやや高めです。

 

・英語 200

 

・数学 150

 

・理科 200

 

小論文もあるので対策をしておく必要はあります。

 

医学部の小論文対策!問題を4つに分類し高得点を狙う方法

 

順天堂大学

 

意外ですが順天堂大学も英語を重視している大学といって良いです。

 

・英語 200

 

・数学 100

 

・理科 200

 

あとは小論文となりますが、数学の配点が低いのが特徴となります。

 

東邦大学

 

東邦大学も医学部ではやや異色の配点となっています。

 

・英語 150

 

・数学 100

 

・理科 150

 

理系科目である数学の配点が低くなっています。

 

医学部で英語重視、かつセンター重視の大学はどこ?

 

英語重視といっても上のようにやや英語の配点が高かったり、また理科や数学が課されないことでその比率が高くなるという程度といえます。

 

では英語重視で、かつセンター重視の医学部はどこの大学になるのかということですが、

島根大学 700:460

 

徳島大学 900:400

 

宮崎大学 900:600

 

となります。

 

島根大学の英語得点比率はセンターが100、二次200となっています。

 

つまりトータルで25%超が英語に配点を与えています。

 

徳島大学ではセンターが200、二次200となっています。

 

そのためトータルでは30%超となります。

 

最後に宮崎大学ではセンターで200、二次で300となります。

 

英語の総合得点に占める割合は33%となってきます。

 

単純に5科目として英語は20%とならないといけないのですが、3つの大学ではかなり英語の配点率が高いことがわかります。

 

特に徳島大学と宮崎大学は文系のような得点比率とさえいえるでしょう。

 

医学部合格マップ



医学部受験はやみくもに勉強して合格するものでもありません。


今偏差値が足りなくて医学部受験に失敗しそうというような人もいるかもしれませんが、あきらめるのは早いです。


E判定から逆転合格した人の秘密

東大、京大医学部に合格した人だけが知っている秘密の勉強方法とは?

試験本番直前に成績を急激に伸ばす秘訣

合格するまでを逆算して失敗しない勉強方法

合格マップでは一般の合格体験記とは違う、どこでも聞けない勉強方法の情報があります。


医学部受験をあきらめる前に一読の価値のある教材となっています。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【DVD付】医学部合格マップ‐あなただけの合格の地図(マップ)を描こう‐