MENU

医学部面接対策に最適な本!合格者がよく読んでいる5冊

医学部の面接対策はいくつかの方法がありますが、市販本で対策するという人も多いのではないかと思います。

 

大手予備校を中心に医学部面接対策に特化した本も発売されていますので、今回はその内容の紹介をしたいと思います。

 

医学部の面接対策の本

 

まずは定番といって良い医学部面接対策の本について紹介します。

 

医学部面接ノート(代々木ゼミナール)

 

医学部の面接(赤本ポケットシリーズ)

 

医学部面接ノートはかなり面接対策本としては有名で、実際に読んでいる医学部生も多いです。

 

内容としては過去の面接で聞かれた質問もあるので一通り読むと心構えになるかと思います。

 

ただ実際の医学部の面接では同じ質問が出ないこともあるわけで、大学によってはあまり想定問答にならないこともあります。

 

念のため目を通しておき、あとは自分なりに質問について回答内容をまとめておくようにする必要もありますし、医学界の勉強もしておく必要があると思います。

 

医学部面接で対策するべき医学界の知識

 

医師としての倫理を伴う人であるのかということは医学部面接の1つの大きな目的ですが、他には医師への熱意があるかどうかというところもチェックしてきます。

 

この証明のために

 

医学界の知識を問う

 

そのときの医学界でのホットな話題を面接で質問する

 

などを行い、医師としての熱意、医学への興味や考え方などを確認されます。

 

医学の知識がない、医師としての知識がなく医師への熱意がないということであれば減点対象ともなりえるということです。

 

安楽死

 

インフォームドコンセント

 

チーム医療

 

などある種永続的に医師につきまとう話題とともにその他にも医学部受験をするには必要な知識というものがあり、本ということでれば小論文対策の本でこの手の面接で質問されやすい話題が触れられていることが多いのです。

 

有名なところであれば

 

医学・医療概説(河合出版)

 

医系小論文テーマ別課題文集(駿台出版)

 

医系小論文 最頻出テーマ20(教学社)

 

このあたりも読んでおくと面接でいきなり知らない話題を質問されるということも少なくなるはずです。

 

あとは医学の小説、ドキュメンタリーなどの読書も良いでしょう。

 

医学知識があるということを面接で伝えて、医師への熱意を証明していってください。

 

医学部面接の対策!本以外でも合格する方法がある

 

上でもいいましたが医学部の面接は医師としての適性がない人をふるいにかける試験ですが、その最大の評価基準は倫理です。

 

そのため医学部受験の面接で落ちてしまう人の共通点としては

 

高校で欠席が多い

 

その欠席の合理的理由がない

 

面接官と正常に話ができない

 

不規則な言動などがある

 

精神疾患が疑われる

 

倫理観の欠如が疑われる言動がある

 

上のように医学知識の質問で、たとえばインフォームドコンセント、安楽死でも受け答えの中で倫理観などは自然とチェックされています。

 

普段から人の生命、死について正常に考えているような人の場合には特に問題ありませんが、異常な人だと思わぬところで落ちてしまうということもありえるでしょう。

 

ただ正常に話ができないといってもかなりの人見知りでも普通に面接では合格するはずなので、医学部受験の面接では実際はかなり低い確率でないと不合格にならないというように考えておいて問題ない大学が多いのです。

 

当然ですが、医学部受験では学科科目の点数が合否のメインの判断基準ですので、あまり過度な面接対策というのは必要ないと思います。

 

服装も

 

現役であれば制服

 

浪人ではスーツ

 

が基本ですが、浪人の場合でもジーパンよりもややオフィシャルな恰好でも問題ありません。

 

面接では服装まで細かくチェックしていないように思います。

 

医学部合格マップ



医学部受験はやみくもに勉強して合格するものでもありません。


今偏差値が足りなくて医学部受験に失敗しそうというような人もいるかもしれませんが、あきらめるのは早いです。


E判定から逆転合格した人の秘密

東大、京大医学部に合格した人だけが知っている秘密の勉強方法とは?

試験本番直前に成績を急激に伸ばす秘訣

合格するまでを逆算して失敗しない勉強方法

合格マップでは一般の合格体験記とは違う、どこでも聞けない勉強方法の情報があります。


医学部受験をあきらめる前に一読の価値のある教材となっています。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【DVD付】医学部合格マップ‐あなただけの合格の地図(マップ)を描こう‐