MENU

安い医学部予備校!全国から費用の安い予備校をピックアップ

医学部受験では予備校に通う人も多いわけですが、費用とその予備校の評判とはかなり気になるところとなります。

 

予備校といっても

 

現役中に学校とは別に通う

 

浪人後に通う

 

のとはまた意味合いが違うわけですが、どの予備校が医学部合格者に評判が良いのかについても言及したいと思います。

 

安い医学部予備校 ACE Academy

 

ACE Academyは費用だけでいいますと医学部ジャンルの予備校では破格といっても良いほど安いです。

 

私の知る限りでは最安値の医学部予備校となります。

 

入塾金 5万

 

月謝  浪人10万、現役7万

 

となっています。

 

講習代や高額なテキスト代などの追加費用があるような予備校も一部でありますが、ACE Academyではこのような追加費用もかかってこないところも特徴といえます。

 

合格実績を見てもらうとわかりますが、上位国立大の医学部合格者といのはさすがにいませんが、

 

地方国立大学医学部

 

私立大学

 

ではそれなりに実績がある予備校となります。

 

安い医学部予備校 野田クルゼ

 

野田クルゼは学力によって費用が段階的になっているところに学費の特徴があります。

 

ただ学力がなければ学費は年300万ともなってしまいますので学力次第では通えないという人もいるかもしれません。

 

国立医進コース 71万

 

スーパー選抜コース 121万

 

総合コース 205~255万

 

国立医進コースに入るには偏差値65以上など一定の基準を満たさないといけませんが、学力に自信があれば学費も安く、合格実績も十分な予備校といえるでしょう。

 

駿台予備校

 

駿台予備校も河合塾と同様に全国規模の予備校ですが、学費は意外と安くなっています。

 

スーパー国公立医系 84万円

 

スーパー私立医系  81万円

 

駿台予備校は医学部コースの内容にも力を入れていて、過去の実績もあって医学部合格者の多い予備校です。

 

上のように値段も安く設定されていますが、この他に季節講座、直前講習など追加講座を受けることになるので上の値段で受験までできるようにはなっていません。

 

安い医学部予備校 長井ゼミ

 

広島にある予備校です。

 

現役医師が塾長を務めるという異色の経歴の予備校ですが、学費は安く内容も充実しています。

 

入学金 10万

 

授業料 75万

 

3学期の授業料を含めない予備校が多い中で、長井ゼミはすべて込みでこの費用となりますので安いといえます。

 

合格実績は広島大学、大阪大学とやや人数がさみしいのは広島ということで通学のしにくさもあるのかもしれません。

 

安い医学部予備校 河合塾のトップナビ医進コース

 

予備校大手の河合塾の医学部専門コースです。

 

学費は大手でありながら

 

入塾金 10万

 

授業料 199万

 

と比較的安くなっています。

 

授業内容は本番よりもやや高め設定となっていますが、内容としてはかなり充実したコースだと思います。

 

コース内容をすべて習得するにはかなりの学力が必要ですが、上位の国立医学部まで対応できるレベルになっています。

 

費用は安くはないが医学部合格者に評判の良い予備校

 

その他に費用は安くはないものの、医学部合格者の中で評判の良い予備校も紹介しますと

 

メビオ(MeBio) 学費年550万~700万

 

MEDiC 学費年500万前後

 

そもそも予備校は医学部受験で必要?

 

医学部といえば難関で医学部専門の予備校に通わないといけないというように考える人も多いのですが、現役であれば高校次第のところもあります。

 

私立高校でも上位の進学校であれば特に予備校も必要ありませんし、学校の授業などを完璧に押さえていくことで十分に医学部を狙えるところも多いのです。

 

医学部の判定でも合格圏内が出ないという人は実は予備校うんぬんよりも学校の授業で理解していないところも多いわけで、その習得に力を割くほうが実は効果的だったりもします。

 

浪人すれば勉強のペースを一人でつかむのが難しいので予備校もはじめて必要となってきますが、本当にできる人であれば学校だけでも十分に医学部にも合格できるはずです。

 

お金をかけてあれこれ手を出すよりも効果的に確実に学校の授業レベルを押さえていくことで実は十分な人も多いのではないかと思います。

 

ただ私立でもそこまで実績のない学校、あるいは公立高校では特に上位医学部を狙うのであれば学校のレベルは当然習得し、さらに現役当時から予備校にも通うことが必要となってくるでしょう。

 

医学部受験での予備校の選び方

 

今回は予備校の費用の安いところをピックアップしてきました。

 

ただ予備校の費用を節約して、高い私立大学しか合格しなかったというのは本末転倒です。

 

私立大学は国立の10倍もの学費がかかるので、自分に合った環境の医学部予備校を選択しなければいけません。

 

通いやすい場所になるべくある予備校

 

自分の狙う医学部のレベルの合格者実績のある予備校

 

を選択するのが基本です。

 

医学部受験生でやたら遠くのこだわった予備校に通う人もいますが、体力的、時間的に無駄といえます。

 

特に都市部の医学部受験生であれば近くにほどの良い予備校はきっとあるはずで、無理に評判のさらに良い予備校に通う必要まではないといえます。

 

医学部受験の予備校を無料にする方法

 

学力に自信のある人は大手予備校の模試を積極的に受けていきましょう。

 

一定の成績であれば予備校の学費が無料といった特待生待遇の制度のあるところも多いです。

 

私も特待生でしたが、偏差値70前後もあれば無料の予備校も十分に狙えると思います。

 

医学部受験の偏差値を効率的に上げる方法についてはこのページの士亜tのほうでいくつか教材も紹介していますので参考にしてほしいと思います。

 

医学部合格マップ



医学部受験はやみくもに勉強して合格するものでもありません。


今偏差値が足りなくて医学部受験に失敗しそうというような人もいるかもしれませんが、あきらめるのは早いです。


E判定から逆転合格した人の秘密

東大、京大医学部に合格した人だけが知っている秘密の勉強方法とは?

試験本番直前に成績を急激に伸ばす秘訣

合格するまでを逆算して失敗しない勉強方法

合格マップでは一般の合格体験記とは違う、どこでも聞けない勉強方法の情報があります。


医学部受験をあきらめる前に一読の価値のある教材となっています。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【DVD付】医学部合格マップ‐あなただけの合格の地図(マップ)を描こう‐