MENU

医学部再受験に寛容な国立と私立!悲惨を避け後悔しない再受験の方法

医学部に社会人となってからなど再受験をすることがあります。

 

年齢やキャリアなどで他の本筋の医学生と比較して引け目などを感じやすくなりやすいわけですが、医学部への再受験への寛容度の高い大学はどこになるかは気になるところです。

 

今回は私の知り合いも含めて再受験に対して寛容とされる大学について紹介したいと思います。

 

医学部再受験失敗で悲惨な目に!

 

医学部再受験では失敗してしまう人もいなくもありません。

 

逆に医師志望が強く本気であれば、一気にそれまでの人生の失敗を取り戻すことにもなります。

 

就職活動で失敗した

 

社会人になって失敗した

 

大学入試で失敗した

 

などそれまでに失敗や挫折感を感じて医学部再受験をする人は意外と多いのです。

 

医学部再受験で失敗する条件としては

 

学生時代よりも暗記能力が落ちていて医学部受験がきつい

 

再受験生の肩身の狭い大学に入ってしまって友人がまったくできない

 

医師国家試験の勉強が普通の学生よりもきつく感じる

 

医師になってから年下の医師が先輩になる

 

などがあります。

 

私の知っている人で大阪大学に再受験している人もいますが、他の医学部でも30代の学生だとそこそこいます。

 

40代となればさすがに少ないのですが、理想とすれば20代終わり、あるいは30代前半までに再受験し医学部入学するとそこまで珍しいというケースにはならないといえるでしょう。

 

国立大学医学部で再受験に寛容な大学とは?

 

まず国立大学についてですが、再受験に寛容でないところのほうが少ないです。

 

そのため一般的に寛容でない大学のほうを列挙していきますと

 

秋田大学

 

筑波大学

 

群馬大学

 

愛媛大学

 

福島県立医科大学

 

浜松医科大学

 

とされています。

 

次にやや寛容度が低めという大学についてですが、

 

北海道大学

 

旭川医科大学

 

札幌医科大学

 

弘前大学

 

千葉大学

 

東京医科歯科大学

 

京都大学

 

京都府立医科大学

 

大阪市立大学

 

和歌山県立医科大学

 

鳥取大学

 

広島大学

 

山口大学

 

佐賀大学

 

宮崎大学

 

鹿児島大学

 

となります。
この2つのグループを避けた国公立大学は寛容度の高い大学と思って良いです。

 

私立大学医学部で再受験に寛容な大学とは?

 

では次に私立大学を見ていきましょう。

 

私立大学も寛容度の低いところはそう多くはありませんので、再受験者に厳しいところのみピックアップしていきます。

 

東京慈恵会医科大学

 

自治医科大学

 

防衛医科大学

 

慶応大学

 

順天堂大学

 

やはり同じようにやや厳しい大学も列挙しますと

 

獨協医科大学

 

埼玉医科大学

 

昭和大学

 

北里大学

 

東京医科大学

 

東京女子医科大学

 

日本大学

 

東邦大学

 

大阪医科大学

 

兵庫医科大学

 

川崎医科大学

 

産業医科大学

 

となります。

 

同様にこの他の私立大学医学部についてはかなり寛容度の高いところ、あるいは寛容度のある大学と思って良いです。

 

再受験者に寛容度の低い大学とは?

 

入試の段階で寛容度が低いというときによくあるのが面接を行い、その面接で再受験者の点数にバイアスがかかり低い点数にされてしまう傾向もあるということです。

 

その他の科目では客観的なテストになるので、この面接で不利になることもあるというケースが最も多いように思います。

 

つまり医学部でも面接のないところでは再受験者が不利になるということはほぼないといえるわけです。

 

国立の場合には面接のない医学部のほうが圧倒的に少ないので見つけることはほぼできませんが、私立であれば面接のない医学部はまだまだあります。

 

30代の医学部再受験では寛容度を気にしなくても問題ない

 

20代後半、あるいは30代前半で再受験を考える場合、寛容度をかなり気にする人もいますが、まず問題ありません。

 

上の大学の寛容度を簡単にチェックし、厳しいところを避ければ普通に入学もできるはずです。

 

特に30代前半までに再受験後に入学できれば不利さを感じることもほぼないような年齢といって良いです。

 

30代前半までであれば十分に人生のやり直しはきくのが日本社会ともなっています。

 

医学部再受験と勉強方法

 

再受験の場合には特に勉強方法を効率化し、なるべく早く合格したいところです。

 

現役であれば膨大な参考書、問題集に手を広げて2年程度かけて合格するというプランもありえますが、できるだけ短期間に合格レベルに到達するためには医学部受験の勉強方法の情報を得るようにしてください。

 

このページの下のほうでも最短距離で医学部合格するための情報を紹介していますので、本気で再受験を考える場合には遠回りしないようにしてください。

 

医学部合格マップ



医学部受験はやみくもに勉強して合格するものでもありません。


今偏差値が足りなくて医学部受験に失敗しそうというような人もいるかもしれませんが、あきらめるのは早いです。


E判定から逆転合格した人の秘密

東大、京大医学部に合格した人だけが知っている秘密の勉強方法とは?

試験本番直前に成績を急激に伸ばす秘訣

合格するまでを逆算して失敗しない勉強方法

合格マップでは一般の合格体験記とは違う、どこでも聞けない勉強方法の情報があります。


医学部受験をあきらめる前に一読の価値のある教材となっています。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓


⇒ 【DVD付】医学部合格マップ‐あなただけの合格の地図(マップ)を描こう‐